JBMIA TOP


JIS X6911で下記のとおり定義されています。

「コンピュータ、ビデオデッキなどの画像を拡大投写できるフロント投写方式で、固定解像度のライトバルブ方式であるコンピュータ入力端子をもつ装置」



当部会は、平成9年(1997年)4月、液晶プロジェクターの性能表記を業界で統一することを目的に、プロジェクターを製造するメーカー12社が参加し、「液晶プロジェクター懇談会」として発足、平成11年(1999年)4月に部会に昇格し、製品名称を「データプロジェクター部会」と改め現在に至っています。

現会員は、国内メーカー11社が部会構成会社として参加し、4つの分科会と合わせて活動を行っています。



(1) データプロジェクターの測定条件・測定方法について ISO/IEC21118 の遵守に関する活動

(2) 出荷実績統計の公表

(3) データプロジェクターの普及活動

(4) 国内外の関係団体や企業との連携、調整

(5) 国内外環境規格の研究

(6) データプロジェクター規格検討分科会による JIS、ISO規格の見直しや、海外規格の研究

(7) PJLink分科会による 共通インターフェース制定・普及活動

(8) プロジェクター用語分科会による 表記ガイドライン制定と統一化推進

(9) プロジェクター新光源分科会による 新光源を搭載したプロジェクターの適正な安全性を確保・追求



一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 データプロジェクター部会 事務局
〒108-0073 東京都港区三田3-4-10 リーラヒジリザカ 7階 FAX : 03-3451-1770
個人情報保護について
ご利用条件について