JBMIA TOP


平成15年(2003年)9 月 PJLink分科会を設立しました。

各社のプロジェクター共通のインターフェース仕様として PJLink を規定しました。そしてその仕様を全世界に普及させるための活動を行っており、ディスプレイや周辺機器などにも採用が拡がっています。

PJLinkの仕様書および適合性検証ツールを下記HPで公開しています。



クリックで本サイトに移動します。

2018年6月 PJLink テストマニュアル 及び PJLink テストシート を作成しました。

2016年7月 PJLink Class2を公開しました。

本分科会には、会員としてSky株式会社が参加しています。



平成17年(2005 年)12月、プロジェクター用語分科会を発足しました。国内外のデータプロジェクターに関して、ユーザが分かりやすく操作できるように、製品上の表記を統一する活動を行っております。

第4版までの内容の見直しを行い、インタラクティブ操作用ペンなどの表記を追加すると共に、表記ガイドラインの書式フォーマットを見直し、平成29年(2017年) 5月、表記ガイドライン第5版を発行しました。


データプロジェクター表記ガイドライン <第5版> 日本語版
English



平成20年(2008年)2月、データプロジェクター規格検討分科会を発足しました。

プロジェクターに関係する世界各国の規格検討活動を行い、平成23年9月「データプロジェクターのオンモード消費電力測定方法ガイドライン」(JBMA-84:2011)を制定しました。

またデータプロジェクター仕様書様式の国際規格 ISO/IEC 21118の見直しを行い、平成24年12月に改訂版を発行しました。

データプロジェクタ仕様値の動作条件ガイドライン<第一版>を平成28年3月に発行しました。


データプロジェクタ仕様値の動作条件ガイドライン<第一版> 日英版

データプロジェクターのオンモード消費電力測定方法ガイドライン (JBMA-84:2011) 日本語版

JIS X 6911 (JISC 日本工業標準調査会サイト 無償閲覧) サイト

ISO/IEC 21118 2012 (国際標準化機構サイト 購入用) サイト



平成22年(2010年)9月、プロジェクター新光源分科会を発足しました。
次世代の固体光源を用いたプロジェクターの普及促進に向けた環境整備及び統一された安全に関する業界規格の制定などの活動を行っています。
平成24年(2012年)9月、『レーザを光源とするプロジェクターの安全に関するガイドライン<第一版>』を発行しました。
平成26年(2014年)8月、上記ガイドラインを整備し、JBMIA-TR 『レーザを光源とするプロジェクターの安全に関するガイドライン』を発行しました。
平成27年(2015年)9月、JBMS 『レーザを光源とするプロジェクターの安全に関する要求事項』を発行しました。
平成30年(2018年)4月、JBMS 『レーザを光源とするプロジェクターの安全に関する要求事項』を改正しました。

JBMIA-TR 『レーザを光源とするプロジェクターの安全に関するガイドライン』 日本語版
  TR-27(E)Safety guideline for the projectors with laser device as light source English

JBMS 『レーザを光源とするプロジェクターの安全に関する要求事項』 日本語版
  JBMS-86(E)Safety requirements for the projectors with laser device as light source English

※IEC 60825-1:2014の4.4項に適合するプロジェクターはJBMSを参照、適合しないプロジェクターはJBMIA-TRを参照のこと。



一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 データプロジェクター部会 事務局
〒108-0073 東京都港区三田3-4-10 リーラヒジリザカ 7階 FAX : 03-3451-1770
個人情報保護について
ご利用条件について